カメラを持って~2

爽やかな秋の一日(21世紀の森と広場)

自然観察会の12月の行事で野鳥観察の予定地、21世紀の森を下見を兼ねて訪ねました。住宅地を抜け森の公園へ鬱蒼とした林のアプローチ少し歩くと、目の前に広々とした秋の草原と森の木々が広がります。特に目を引くのはカツラの木です。黄色に色づき近づくと香ばしい甘い香りが漂っています~。あ~~・・いい香り(^^♪ 同行のお仲間さんたちも感激の面持ち。。

コウヤボウキはまだまだ当分大丈夫。山の下の何時もの株は花が4,5開花。蕾は20くらい。行かなかったけれど山の上のコウヤボウキは遅いから今からでしょう。野鳥は観察舎からオオタカとカワセミを確認しました。オオタカがいると他の小鳥たちは警戒して姿をかくしているそうです。あの大きなカモまで餌食になるそうですネ。(10月17日・金)

(1)サクラの葉

b0078874_16171390.jpg

(2)カツラの葉

b0078874_16173376.jpg

(3)ススキが秋の風情

b0078874_16175083.jpg

(4)コウヤボウキ(高野箒:キク科)

b0078874_16181290.jpg

(5)何が居るのかな~~?どれどれ・・?

b0078874_16183080.jpg

[PR]
by hanak14 | 2008-10-18 16:25 | 自然観察会