カメラを持って~2

カテゴリ:成東・東金食虫植物群落( 3 )

秋がそこはかと・・(成東・東金食虫植物園)2

(1)のナカバノイシモチソウ以外は2,3ミリの小さな花ばかりです。レンズを通して見るととても可愛らしい花だと気づきます。草丈は5センチにも満たないので撮るのに一苦労。木道よりも低い位置に生育しているのでかなりの苦しい体勢で撮っています。うっかりすると脳みその詰まった頭が重くて??バランスを壊します~(^_^;)

(1) ナガバノイシモチソウ(モウセンゴケ科・食虫植物)

b0078874_20585265.jpg

(2) コモウセンゴケの花(モウセンゴケ科・食虫植物)

b0078874_20592981.jpg

(3) コモウセンゴケ(モウセンゴケ科)

b0078874_2102784.jpg

(4) ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科・食虫植物)

b0078874_2105223.jpg

(5) ヒメナエ(フジウツギ科)

b0078874_2115755.jpg

(6) アイナエ(フジウツギ科)

b0078874_2121626.jpg


2007年9月2日(日)
[PR]
by hanak14 | 2007-09-06 21:25 | 成東・東金食虫植物群落

秋がそこはかと・・(成東・東金食虫植物園)1

房総の田園の中に存在する湿原。それも海岸近く。木が1本も無く只木道と湿地帯が広がる。高山でもなく林でもなく、こんな田んぼの真ん中に山や湿原の植物が育っています。それに貴重な食虫植物も数多く見られます。日本で最初に天然記念物に指定されたそうです(大正9年・1920年)

初めて来た時は驚き唖然としました。ここでウメバチソウが咲くんですから・・(^^♪この日は守る会の方々が大勢みえていました。暑いのに湿原の手入れでしょうか。お世話様です。

(1) コバノカモメヅル(ガガイモ科)

b0078874_21305219.jpg

(2) ツリガネニンジン(キキョウ科)もう遅かったです。毎年早くと行かなくてはと思うのですが8月に
出向くには気合が必要です。ここのツリガネニンジンが一番好きです。形が丸くて愛らしい。

b0078874_2131994.jpg

(3) オミナエシ(オミナエシ科)何時も風が強く背の高い植物はお手上げです。
ツリガネニンジン、オミナエシ、ワレモコウ、撮れません。随分粘りました(>_<)

b0078874_2131456.jpg

(4) ゴマクサ(ゴマノハクサ科)

b0078874_21323730.jpg

(5) シロバナサクラタデ(タデ科)これもゆらゆら揺れて何時まで経っても
風は収まりません。とうとう花を左手で持って右手にカメラ。

b0078874_2135746.jpg

他に見た花:カワラナデシコ・センニンソウ・オトギリソウ・シモツケ・ワレモコウ・ハイメドハギ・タカトウダイ・ヒナノカンザシ・ムカゴニンジン・ヌマトラノオ・ヒメシロネ・イヌゴマ・ヒヨドリバナ・ツルボ・タヌキマメ・ノアズキ・ツルマメ、カワラケツメイ、タコノアシなど。食虫植物は(コモウセンゴケ・ナガバノイシモチソウ・ホザキノミミカキグサ)

2007年9月2日(日)
[PR]
by hanak14 | 2007-09-04 22:44 | 成東・東金食虫植物群落

ここは秋。

一日中、曇りの予報、これは行くしかないと重い腰を上げて成東・東金食虫植物の群落地へ出かけました。一番の目的はコバノカモメヅルを撮りたくて。今年はあちこちに株が増えていて嬉しかったな~。肝心の食虫植物はあまりにも小さくて手に負えませんでした。かえってコンデジにプラス虫眼鏡の方が大きく写りますね。今度はコンデジも持参しないと・・。オミナエシやワレモコウが咲き乱れトンボが飛んでいます。

(1) ツリガネニンジン(キキョウ科)花が輪生してつきます。

b0078874_72728100.jpg

(2) ツルマメが絡み付いています。

b0078874_7282387.jpg

(3) コバギボウシ(ユリ科)

b0078874_7325968.jpg

(4) オミナエシ(オミナエシ科)

b0078874_7304249.jpg

(5) コバノカモメヅル(ガガイモ科)何度撮っても難しい・・。

b0078874_731186.jpg

(6) ツルマメ(マメ科)

b0078874_7315973.jpg

[PR]
by hanak14 | 2006-08-28 07:47 | 成東・東金食虫植物群落